初期投資0円のPPAモデル太陽光発電

PPAモデル太陽光発電で、工場などの屋根に太陽光パネルを設置する事で、電気代を大幅に削減する事が可能です!

通常、太陽光を設置するためにはパネルの購入や工事など、様々な費用が発生しますが、

PPAモデルでは初期費用0円で設置が可能です!

PPAモデル太陽光発電とは?

「PPA」とは、「Power Purchase Agreement」の事で、「電気の供給者と需要者が直接契約をする電気の受給契約」のことを指し、「第三者所有モデル」とも呼ばれます。 

通常、電力消費者は契約した電力会社から供給された電力を使いますが、このPPAモデルでは敷地内で発電した電力事業者の電力を購入するという形となります。

 

1.【太陽光発電システムオーナー】が【弊社】に発電所・設置・メンテナンス費用を支払います。

2.【太陽光発電システムオーナー】と【お客様】の間で電力売買契約を結びます。

3.【弊社】が【お客様】の建物の屋根などに太陽光発電設備を設置します。

4.【お客様】は太陽光発電所で発電した電気を【太陽光発電システムオーナー】から電力売買契約に基いた料金で購入します。

 

アメリカではこのPPAモデルが確立されたことにより、住宅用の太陽光発電システムの普及が進みました。

住宅用の太陽光発電システムのうち、70%以上がこのPPAモデルと言われています。

日本でもPPAの普及が広まってきており、エネルギー消費量の削減や温室効果ガスの排出量の削減といった地球規模の問題解決が期待されています。

PPAモデル太陽光のメリット

電気代の大幅削減

PPAモデル太陽光で発電した電気はシステムオーナーとの売買になるので、通常の電気代より安く購入できます。契約によっては大幅に削減が可能です。

災害時の電源確保

太陽光発電を設置していれば、昼間は発電した電気を使用するので、災害時にも止まりません。蓄電池を導入していれば、夜間にも使用可能です。

0円で導入

通常、太陽光発電を導入するには決して安くない費用が発生しますが、PPAモデル太陽光ではその費用をシステムオーナが負担するので、0円で導入できます。

システムオーナー様も募集しております

太陽光発電を始めるにあたって、「売電価格」は気になるポイントだと思います。

売電価格はFIT制度制定から年々下がり続けており、既に発電所をお持ちの方には少し物足りないと感じるかも知れません。

PPAモデル太陽光発電では、FIT制度に影響されず、屋根オーナーとの電力売買契約となるので、FIT制度以上〜電力会社の電気代以下の料金で売電する事が可能です。

もちろん、余剰電力はこれまで通り電力会社に売電することも可能です。

また、小規模な発電所を複数箇所に所有することで、災害リスクの対策にもなります。

お問い合わせ

Tel:0120-705-800